「中国ドラマ」
「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」

○51「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」

 ←㊿「紅楼夢」第50話最終話。-完- →○52「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」
キャスト一覧表。http://marymariko.blog.fc2.com/blog-entry-6254.html  
*ネタバレです。これからご覧になる方はスルー願います。


第51話「謝玉の文」
天牢。皇太子「向こうに長兄のいた牢が有る。見に行こう」或る独房の前。此処で皇太子の長兄、祁王は毒酒を賜り、命果てた。皇太子「大丈夫だ。長兄と赤焔軍の無念は直ぐに晴らせよう」皇太子、蕭景琰は言闕、沈追、蔡荃を東宮に呼び出した。「諸君に大切な話がある。聞いてくれ。私の力に成って欲しい。赤焔事案の再審を求める積りだ。そして真相を天下に示し、皇長子と林氏の汚名を晴らす。果たす迄諦めはしない」3人「拝命致しました。殿下」天牢からの帰り道、蒙摯は偶然、莅阳の提灯を提げた長公主の馬車とすれ違った。白い灯籠だった事から、蒙摯は謝玉の死の知らせが届いたと気づく。その頃、謝弼が黔州(ケンシュウ)へ向う為、城門を出ていた。罪深くも父であり、息子として異郷で死んだ父を連れて帰らねばならない。見送りに来ていた言豫津はすっかり逞しくなった謝弼に安堵し、銀子と地図を入れた荷物を渡した。「一路平安」と手を振って別れを告げた。

梅長蘇「謝弼も出発を?」黎綱「はい」「子に罪はないから、道中を守ってやれ」莅阳長公主「謝弼から知らせは?」侍女「まだです」「黔州は遠き地よ。どれだけ苦労するか」「坊ちゃまは慎重故大丈夫かと」刺客が長公主の背後を狙ったが、蕭景睿が現れ、助ける。内偵は仕方なく引き上げようとしたが、密かに甄平が暗器を放って始末した。直ぐに刺客を始末しようと兵達が現れた。長公主「景睿、帰ったのね」景睿「母上、ご無事ですか?」聶鋒は運動に余念が無い。藺晨「実に感心だ。病人の手本だな」衛崢と黎綱、甄平「冰続草(ヒョウショクソウ)です。東海から取り寄せました。根もあり保存の状態は完璧です」藺晨「確かに冰続草だな」「良かった。此れで始められますね」「何を始める?」「治療ですよ」「失望させたく無いが、長蘇の病に効くと誰が言った?」「先代閣主です」「これで治せるならとっくにお前達に探させているぞ」

長公主「景睿、一足遅かったわね。弼は黔州へ発ったわ」景睿「弟なら遺骨を持って直ぐ戻りますよ。其れ迄私がお世話します」「何故昨夜の刺客は私を狙ったの?今の私は取るに足りぬ立場よ」景睿は母が腰から下げている錦袋を見つめた。「此れの為?」「謝侯の残した文をずっとお持ちでしたか?」「肌身離さずね」「では、内容をご覧に?」謝玉が文を書いた後長公主は「この文は誰にも見せない。私も見ないわ。知りたくもない物」「それで良い」と言葉を交わした儘だった。「この文を持っていたのは謝玉の命を保つ為と頼まれたからよ」「母上の身が大切です。文に関係する者が分れば防ぎようもある。母上が見たく無ければ私一人で見ます」「いいえ一緒に見るわ」

黎綱「この薬草を採取するには危険が伴うので荘主が情報を伏せたのでは?」藺晨「私が何でも長蘇に従うと思うなよ。無駄だから黙っていたのだ。治し方は別の書に記載されている。腕が立ち"気"の強い10人の血を入れれば病人は回復する。だがその10人は苦痛を味わい、血が枯れて死ぬ。つまり冰続草と10人の命で1人を救う訳だ」衛崢達「ならば自分が」「言わなくても分かるが長蘇がそれを望むと思うか?100年前に治った者は喜んで10人の命を犠牲にしたが、生き延びる代わりに道義を捨て去った。命を失うか、道義を失うか、長蘇がどちらを選ぶかは明白だろ?」其処へ梅長蘇が現れる。「命は長さが重要なのではない、どう生きたかが大切なのだ」藺晨「聞いたか?悟りの境地に達している、奴の気持ちが分かったらもう忘れろ。これ以上、悟らせたら死ぬ前に出家してしまうぞ」

謝玉の罪が克明に記された手紙を見た蕭景睿は黙って立ち上がった。莅阳長公主「駄目よ。行ってはいけない。あの事案は陛下が裁決された。貴方に何が出来るの?」景睿「このまま何もしない訳には行きません」「景睿、貴方は知らないのよ。陛下がどれだけ残酷か。当時、大勢が嘆願したけど陛下は耳を貸さなかったわ。結果、晋陽(シンヨウ)姉上や宸(シン)妃、景禹が死んだのよ。その時、陛下がこの世で最も残酷な決断を下したと」「何故なら陛下が讒言に・・」「良い事?あの事案に触れれば皇帝の権威を揺るがす者と見なされる。只では済まないわ。黎崇(レイスウ)大先生や英王(エイオウ)を始め、名だたる天下の名士がどう成ったか。冷酷な天子の心は変えられない」「私は真相を忘れ去る事等出来ません。一人の賢王と名将、そして7万の将兵、理想を掲げていた者達をこのまま葬り去るので?親心は分かりますが、白黒は変えられずとも、せめて隠蔽してはなりません」「無理だわ。更に多くの命を犠牲にするだけよ」「母上の為にも無茶はしません」「では、この文を皇太子に渡しましょう。祁王に指導を受け兄弟の絆は深かったし、林殊とは一番の友だったわ。祁王と林家の潔白を示したいと誰より願う者は靖王に他ならない」

「宗主、言侯は了承してくれたと」梅長蘇「言侯は備えだ。莅阳長公主でこそ筋が通る」「明日東宮へ?」「行くとも。景琰に話して置く事がある」あらかじめ赤焔事案を覆せても林殊には戻れないと釘を刺しておくためだったが、蕭景琰は到底、受け入れられない。

皇太子「それはどう言う意味だ?直ぐにも赤焔軍の名誉を回復出来るのに何故お前は昔に戻れぬのだ?」梅長蘇「事案を覆せても私は梅長蘇だ。林殊には戻れない」「汚名を雪げば身分も取り戻せる」「私がどんな人間か都の者は分かっている。詭計(キケイ)に富む謀士だ。景琰、私に取っては潔白を示せば終わりだが、お前に取っては始まりなのだ。お前は未来の天子、国の害を除く為には悪しき流れを変え、公正な朝廷を回復せねばならん。その為には完璧な始まりが必要だ。亡者達も願う筈、天下の民に取ってお前が情義であり、私欲のない君主であれと。だからこそ私の様な謀士を置けば天下の者はお前迄権謀術数を好むと誤解する」「釈明すれば良いだろう?」「私は蘇哲の名で様々な事に手を染めた。この2年で起きた波乱と無関係は装えない。然も容貌も変わり、昔を示す痕跡は何も無いのだ、お前達数人が保証すると言っても奇怪過ぎて誰も信じぬだろう。汚名を雪いでも人々に妙な憶測を抱かせてては、私の長年の苦労が無駄に成る」

東宮に莅阳長公主と蕭景睿がやって来た。

皇太子「だからこそ、もう憂き目に遭わせたくない。誤解する方が愚かなのだ。何を気にする?」梅長蘇「気にするとも。は林殊に戻れずとも憂き目ではない。あの頃の林殊は皆の記憶の中で生き続ける。それで十分だ」兵士「殿下、莅阳長公主です」「今、行く」「皇太子殿下」「叔母上。景睿、戻ったのか?」「拝謁します」「どうぞ」梅長蘇「長公主殿下、景睿、久し振りだな」「東宮で先生に会えるとは。景琰、今日は相談事があるの。蘇先生は外し貰える?」皇太子「いや、私と蘇先生は一心同体、私への話は蘇先生にも聞かせて下さい」梅長蘇「ご相談とは謝侯が残した文の事ですね?」景睿「何故それを?」「私が勧めたからだ。どうやらお二人は文に目を通しているようだ」「内容を知っているのね?」「ですが世の人々は知りません。長公主、長姉が嘗て夢に出て来た事は?」「文が目的なら丁度良い。皇太子に渡そうと思って持って来たの。好きにすると良いわ」「いいえ、文は必要有りません。殿下から大切な任務をお願いしたいのです」景睿「母の出来る事には限りが有ります。代わりに私を使って下さい」「景睿、お前だから出来ぬ事もある」皇太子「叔母上、頼むのは叔母上でないと意味がないからです」

天牢。言闕が寒(カン)夫人と子息・濯(タク)を連れてやって来た。夏江「息子よ」寒「濯、血脈を継ぐ者として叩頭するといいわ」「はい」「身を正さず心が淀んでしまえば、権勢や富も消え行く。この者を戒めとし、どんな状況でも善意を忘れてはならない」「はい」「立つのよ。刑が処された後濯が埋葬を行うわ、墓参りの季節には貴方を供養するでしょう」

莅阳長公主「頼み事が有るなら、言ってみて」皇太子「後数日で父上の誕生日、皇族や重臣達が一堂に会する。その文は謝玉の供述で有り、叔母上は夫人です。故に叔母上が百官の前で謝玉に代わり罪を認めて下さい」「何ですって?」「叔母上もご存知だ、父上が最も許せぬのが己の威厳を侵される事。名声に関わる事案ゆえ、後世に汚名を残さぬ為にも父上は自分の過ちを決して認めぬ筈。だから我等で局面を作り上げるのです。その口火を切るのが叔母上です。否が応でも再審を認めざるを得ない局面を」
「そんな余りに無理よ」「必ず叔母上を守ります。早々に手筈は整えています」「衆人の前で訴える事は簡単ではないのよ。言う通りにして私に何の得が?」

静貴妃は今日も宸妃・林楽瑶の位牌に手を合わせていた。昭仁宮総管「静貴妃娘娘、拝謁致します。禁足中の賢妃娘娘の事です。謁見を求めるばかりか突然訳の分からぬ話を叫び出しまして怯えた総官が私を遣わした次第です」静貴妃「越賢妃は献王が恋しいようね、見に行くわ」

梅長蘇「"何の得があるか"?悲惨な真相を知りながら見返りを求めるとは、無念の死を遂げた魂に対し、情は湧かぬのですか?結構です。訴えるには勇気がいる、長公主に真実を求める気がなければ計画を乱すだけ。他を当たりましょう」皇太子「亡者に代わってご足労に感謝します。先生と相談があるので、お帰りを」「景琰」「お帰り下さい」
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png JY
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
もくじ  3kaku_s_L.png 日本の作品
もくじ  3kaku_s_L.png 「源氏物語」
総もくじ 3kaku_s_L.png JY
もくじ  3kaku_s_L.png インド映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国映画
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国俳優
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国芸能界
もくじ  3kaku_s_L.png 日々思うこと
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
もくじ  3kaku_s_L.png 日本との違い
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png 俳優
もくじ  3kaku_s_L.png Dance
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
もくじ  3kaku_s_L.png 中国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
         
㊿「紅楼夢」第50話最終話。-完- ←㊿「紅楼夢」第50話最終話。-完-    →○52「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」 ○52「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【㊿「紅楼夢」第50話最終話。-完-】へ
  • 【○52「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」】へ