FC2ブログ

「中国ドラマ」
「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」

㊿「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」

 ←㊽「紅楼夢」第48話。 →こむら返りを起こした事が有りますか?
キャスト一覧表。http://marymariko.blog.fc2.com/blog-entry-6254.html  
*ネタバレです。これからご覧になる方はスルー願います。


第50話「掃討」
皇太子「母上はご存知だったのですね?」静貴妃「ええ」「衛崢や蒙摯、霓凰、皆知っていた、私だけ知らずにいた。何故教えてくれなかった」「小殊が貴方に寄せる期待は他人とは違うわ」「早く気づくべきだった。何故もっと早く・・・」「良い事?今は悲しみに暮れている場合ではない、貴方達は歩みを止めては成らない」「小殊の病状は?」「言える事は一つ。小殊の悲願を叶えて。貴方の悲願でもあり、皆の悲願でもあるわ」

高湛「陛下貴妃娘娘をお呼びしますか?」梁帝「夏江の話を信じるか?」「いいえ。蘇先生が林殊でしたら、あの性分の皇太子が懸鏡司には引き渡さなかったかと」「忘れておった。衛崢の件で梅長はが懸鏡司に連行されてい。あそこは地獄も同然。そちの言う通りもし林殊なら景琰は決して引き渡さぬ」「誤解だと分ったのですからご安心を、皇太子殿下も気には留めますまい」「根に持たぬか?」「ふふふ」「赤焔事案は、朕と皇太子の間にある蟠りだった。夏江は林殊を利用し父子の離間を謀ったのだ。実に悪辣だ」皇太子「故人の名を突然、問えば母上と蘇先生の2人が相談出来ず、真相が分かると思ったのです。ですがまさか・・・」「双方の口から同じ答えが返って来た」「林主帥は以前、梅石楠という仮の名で母上を救ったのですね」静貴妃「小殊が一番頼りにしてるのは貴方よ。一歩たりとも間違いは許されないのよ。貴方なら失敗しても耐えられる、でも小殊には耐える力は残っていない」「ご安心を、弁えております」

皇宮から戻った梅長蘇は意識を失った。藺晨「あの手しかない」晏先生「危険だぞ」「承知の上だ」城下を移動していた蔡荃の馬車に矢文が飛んで来た。[蒙摯が夏冬を牢から逃がした]。藺晨「何に見える?」飛流「分からない」「孔雀の羽だ」「来い、お前の腰に括りつけるから孔雀の舞を踊れ」「嫌だ、蘇兄さん、助けて」甄平「藺晨閣主は危ない程騒ぐ。蘇代表は余程悪いらしい」文を見た蔡荃は天牢を調べに行くと本当に夏冬の牢には別人がいた。翌朝、蒙摯が慌てた様子で蘇宅へ駆けつけた。「身代わりが宮羽だと露見した。小殊は何時目覚めるのだ」黎綱「後2日程」藺晨「小殊が倒れるのも無理はない」蒙摯「今夜私が天牢に押し入り宮羽を救い出す」夏冬「私も行くわ」藺晨「正気か?知恵が無さ過ぎる」黎綱「策があるなら教えて下さい。今度、嫌味を言ったら宗主に訴えますよ」「事を大げさにする必要はない」

蒙摯は密かに夏冬を連れて天牢へ戻ると、わざとらしく宮羽がいないと驚いた。其処へ待ち伏せしていた蔡荃が現れる。すると蒙摯はこれも皇太子の指示だと説明した。脱獄した夏冬を皇太子の配下が捕らえたが、夏江が天牢を脱走した時に皇帝が"刑部が再び怠れば罷免する"と言っていた為、公に戻せば蔡荃が罰を受けると皇太子が心配したと言う。「密かに牢に戻せと命じられたのだ、この件は誰にも知られず、やり過ごせと」蒙摯は良臣を守ろうとする太子の厚意を拒む必要はないと説得すると、蔡荃は素直に従った。」

蒙摯「周到に準備していなければ見破られていたぞ」藺晨「宮羽は?」「身代わりと成れば蔡荃も放免はせぬ。幸い宮羽は出自が謎で腕も立つ故妙音坊に放った懸鏡司の内偵なら筋は通る」「東宮は?」「蔡荃は東宮にも確認した筈」「その通り。”誰が夏冬を捕らえたのか””皇太子は知っていたのか?”全て裏を取ったぞ。手を回して正解だ。これで一件落着だ」「一件落着?どうかな?何故身代わりの件が露見したと?貴殿の護衛が娶った妻が滑族だ」「飛流、待て。此れを着けてみろ」飛流「蘇兄さん」梅長蘇「退屈なら璇璣公主が夏江に何人配下を残したか調べてくれ」「お前達は一体何なんだ?回復したら医者を邪険に扱うとは。治して損した」と医書を机の上に置くと梅長蘇は其れを飛流に渡す。すかさず飛流は医書を藺晨に投げて当てた。

沈追「兵部尚書李林の意欲的な表情を見るに駐軍の改善案が通ったようですな」皇太子「長年尚書を務めたのだ。兵制には最も詳しい。元々能力は有る」梅長蘇は最後に残っていた"工部"と"兵部"の札を火鉢に入れて燃やす。黎綱「宗主、尚書を処置していないのに何故燃やすので?」梅長蘇「彼等は動かさぬ、だから燃やしたのだ。党争は悪夢と同じ。永遠に捕らわれる者、逆に覚める者もいる。2人の尚書は悪夢から覚めたのだ」皇太子「以前、党争に加わろうと悔いた者には機会を与える」沈追「仕官した時には大勢の者が国の為使命に燃えていましたが、徐々に志を忘れ、悪しき風習に流されてしまったのです。新たな気風を作り、再度機会を与える殿下は仁徳溢れます」蔡荃「貧しい学徒に機会を与えては?」「官吏として経験は非常に大事です。新参の官吏は抱負では勝るものの経験や器の面に置いては劣ります」「では経験を積ませれば良い事だ」「だが時間が掛かる」「一概に論じず個別に判断するべきだ」「地方官は大勢いるのに個別に判断するだと?」「実質の伴わぬ官吏が多過ぎる今、皇太子の新王朝で正さねば」皇太子「言葉を慎め、何が新王朝だ」「失礼しました」

藺晨「皇太子がいるのに何故お前が気を病む」梅長蘇「暇そうだな。滑族の件はどうなった?」「知ってるだろ。雑魚を捜す方が手間が掛かる。璇璣公主の配下は各所に潜伏している。内情を知る者の助けが必要だな」「"謝玉の死の知らせが都に届くまでに夏江の残した面倒は片付ける"その約束だろ?」「くどいぞ」「急に思い出した。誉王は死ぬ前、私に"最後に謎を残せた"と言っていた」「まさか誉王も滑族と関係が?」「だからこそ夏江と秦般弱を従え、彼等も誉王に力添えした」「嘘だろう?皇帝は滑族の女にも手を付けたと?」「下品だな。陛下だけの秘密だろう。もしも今の予想が正しければ、誉王が死んで滑族は更なる復讐を誓う筈」そんな中、一組の母子が金陵に到着する。2人は城門に貼られた「お尋ね者 夏江」の手配書を目にすると、言侯府へ向った。

宮羽「宗主」梅長蘇「何か用か?」「実は隠し事をしていました。私も滑族だと母に聞きました。でも宗主を裏切ってはいません」「出自なら承知だ。その昔、滑族は梁と北燕の間に立たされた。投降と謀反を繰り返したのも翻弄されたからだろう。璇璣公主が復讐を誓った処で梁人と滑族の祖先は同じ、分け隔てる必要はない。「処で璇璣公主に子はいるか?」「いいえ・・・あ、姉の玲瓏(レイロウ)公主にはいましたが、公主は梁との戦で死に、子の行方は分りません」「他に用がないなら下がれ」藺晨「天牢の件で迷惑をかけたと落ち込んでいたんだぞ。慰めの言葉位掛けてやれよ」「心に波風を立ててどうする。希望を与えても結果、悲しませるだけだろ」「女心が分かっているな」そうですね。希望を持たせるともっと悲しませると言うのが正しいです。下手に慰めると勘違いして青春を無駄に過ごす事に成ると思います。

言闕の誕生日。寒夫人「若しかして言侯の息子さんですか?」言豫津「はい。言豫津です」「言侯の誕生日故お祝いに」「父の旧友ですか?では中へどうぞ」飛流に着せる衣装を梅長蘇は選んでいる。藺晨「祝宴に皇太子も来るのでは無いか?私も連れて行け」飛流が背後からいきなり盥に入れた水を浴びせる。飛流「負けだ」「飛流、確かに昨夜は水かけ遊びをしたがもう夜も明けた。遊びも終わりだぞ」「知らないよ。負けだ」

言侯「貴女でしたか?」寒夫人「お久し振りです」「この子は濯では無いか?」「私の姓を継ぎ寒濯と」「ご挨拶を」「夫人、此の機に上京したのも目的が有っての事では?」「過去とは決別したとは言え血脈は断てぬ物。もうじきあの者が最期を迎えるのなら、直接会いに行き決着を付けて来ます。可能で有れば埋葬させる事で息子の最後の孝行にも成る」「中に入ってくれ」

梅長蘇「言侯は?」言豫津「旧友と称する夫人と中に入ってしまいました」黎綱「若しや藺閣主が探していた?梅長蘇「間違いない」寒夫人は言闕に夏江の内偵の名簿を渡していた。「私が知るのはその程度です。大して役に立てるか分りませんいが、罪を重ねて欲しくはない」言闕「こうして教えて貰わねば、予想もせぬ顔ぶれだ」黎綱「寒夫人が夏江の内偵を知っていただと?」梅長蘇「別れて10年以上経てば内容も限られるな。だが昔からの秘密なら夫人にも分かる」言豫津「一体何の話ですか?」蘇宅に戻ると内容を確認して藺晨に託す。「この者には手を出すな、私が利用する」

乳母「お嬢様、髪も整えずどうされたのですか?」「東宮に連れて行く侍女4名は選んでくれた?」「勿論です。厳選しました」「有難う。以前璇璣公主と夏江に仕えていた時も気が利いていたの?」侍女達「娘娘、何故私達を皇宮から追い出すのです?」静貴妃「小新の事を覚えている?手を汚さぬ内に皇宮を出なさい」「はい」滑族の内偵達が宮中から掃討された。全ての排除が終わった梅長蘇は夏江の独房へ向い、名簿を見せてやる。「私が歯ぎしりする姿をわざわざ拝みに来たのか」「そう。お前の駒は尽きた、あとは死を待つだけ、こんな喜ばしい事はない」「林殊」「もう1つ知らせがある。謝玉が死んだ。知らせが都に届けばお前にも話す機会があろう」
スポンサーサイト






 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 日本
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png インド映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン
総もくじ 3kaku_s_L.png 日本
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png インド映画
もくじ  3kaku_s_L.png 中国映画
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国俳優
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国芸能界
もくじ  3kaku_s_L.png 日々思うこと
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png 俳優
もくじ  3kaku_s_L.png Dance
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
         
㊽「紅楼夢」第48話。 ←㊽「紅楼夢」第48話。    →こむら返りを起こした事が有りますか? こむら返りを起こした事が有りますか?

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【㊽「紅楼夢」第48話。】へ
  • 【こむら返りを起こした事が有りますか?】へ