FC2ブログ

「中国ドラマ」
「紅楼夢」

㊿「紅楼夢」第50話最終話。-完-

 ←パク・ユチョン、韓国活動を再開!6/4ソウルで誕生日ファンミーティングを開催 →○51「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」
33話
CAST
賈宝玉(かほうぎょく):ユー・シャオトン(少年時代)/ヤン・ヤン
林黛玉(りんたいぎょく):ジャン・モンジェ
薛宝釵(せつほうさ):リー・チン(少女時代)/バイ・ビン
王熙鳳(おうきほう):ヤオ・ディー
史太君〔したいくん〕:チョウ・ツァイチン
王氏〔おうし〕:グィ・ヤーレイ
賈政〔かせい〕:シュー・ホァイシャン
*ネタバレです。これからご覧になる方はスルー願います。




114王煕鳳 幻を歴して金陵に返り 甄応嘉 恩を蒙りて玉闕に還る
巧姐を値踏みに来たおばさん達の出で立ちは、女衒の様に下品で、巧姐児は呼ばれて行ったものの震えて挨拶も出来ない。邢夫人は挨拶しなさいと促す。王氏「巧姐は元気?」平児「婦人方が巧姐様を見に来たのですが、何かご存知で?」「何も聞いてないわ」「縁談の下見にしては様子が変です」「縺から頼まれているから様子を見よう」邢夫人「巧姐の大叔父と叔母が持って来た話だもの。矢張り私が決めないと。雪掻きと同じよ。人の家の雪まで掻くものじゃ無い。掃いてしまった熙鳳はどんな目に遭ったかしら?」王氏は内心腹が立ったが、黙って引き下がった。熙鳳「どうでしたか?」

115偏私に惑いて惜春 素志を誓い 同類を証して宝玉 相知を失う
王氏「腹が立って仕方がないわ。岫煙もうちが媒酌をして仲睦まじく暮らしている。宝琴も梅家で不自由なく暮らしている。縺がわざわざ私に巧姐を託した以上不幸な結婚をさせたら私の責任よ」「平児さんです」平児「不幸な結婚をさせたら申し訳が立たないです。奥様だけが頼りです。どうぞ助けて下さい」「あの子の祖母が決めた話なのに」宝釵「縺兄様に直ぐ戻るように連絡しては?」

116通霊玉を得て幻境に仙縁をさとり 母の棺を送り故郷に孝道を全うす
宝釵「巧姐の縁談をどうするか話していたの。こんなに本に夢中になるなんて」宝玉「勉強の気分転換だ」「家の再興がお前に掛かってると旦那様が仰っていたでしょう?」宝玉は俗世を脱するのは良い事と考えており、先が思いやられる。「どうして其処に座る?」「妻は夫が一生の拠り所よ。栄華や富貴は一瞬で消える儚い物であり、昔から”人品の根底が肝要”と言う」「それはどの聖賢が唱えた説だい?”赤子の心を失わず”は有名だが、赤ん坊など物を知らないし、自分勝手だ。人間と言うのは愚かで欲深く、汚れきった俗世を抜け出せない。此の本で無常の意味を悟った。”人品の根底”について、此処迄根源的に述べた本は無かった」「”赤子の心”とは忠孝を意味する言葉よ。俗世を捨てる事ではない。名君や聖人は救う事を心掛けていた。民の不幸が忍びないからよ。それを否定するのと同じだわ。及第すればご先祖様に恩返し出来ます」宝玉の顔色を見ていると宝釵は賢いのでしょうが、言い過ぎると思います。宝玉はこう言う会話は嫌いみたいです。「及第なんて難しくないさ。君の言った通り、及第すれば終わると言うのは僕も同じ考えだ」

117超凡を阻みて佳人双り玉を護り 聚党を欣びて悪子独り家を承く
襲人「難しいお話は分かりませんが、私共は宝玉様を心を砕いてお世話して参りました。その点を是非ご理解下さい。若奥様も孝養を尽くしています。妻が望まない振る舞いは控えるべきです。神仙がどうとか仰いますが、この世にはいません」「では片付けてくれ」「読まなければ良いだけです」「中庸を読むとしよう」勉強の合間に雑誌に目を通そうが、休憩しようが、宝玉のような自由な魂を持つ男は放って置いた方が良いと思います。充分賢いし、勉強は人から強いられてするより、自分が欲した時にする方が身につくと思います。

118微嫌を忘れず舅と兄 弱女を欺き 謎󠄀語(べいご)に驚きて妻と妾 癡人(ちじん)を諫む
試験の日。王氏に挨拶に来た宝玉を見て「今迄親と離れた事が無いのに大丈夫かな?」「私は今まで不孝者でしたが、試験に及第し不孝の罪を拭わして頂きます」李紈「二人とも皆を心配させないよう、試験が終わったら直ぐに戻って結果を待ちましょう」宝玉「二人共絶対に受かりますよ。嫂さんも富貴を楽しめましょう。惜春と紫鵑には何れ又会えると、宜しくお伝え下さい」最後に方釵にも挨拶した。侍女達に門迄見送られて宝玉は俗世を捨てる決心が揺らぎそうだったが、気を引き締めて家を後にした。

賈環は腐っていた。自分だけが試験に行けなかった事(父親が亡くなった忌引の期間だから仕方が無いのに)男連中が更に減った処を狙って、予てからの計画(巧姐を金持ちの家に斡旋する)を最終段階に運んだのです。邢夫人の所に出向いた賈環は、王仁等と同じようにこの縁談を持ち上げご機嫌を取った。賈環が去った後、一人小走りで出ていく小女がいた。昔平児の口利きで邢夫人の所の仕事を貰えた恩があり、賈環の話を聞いて急いで知らせ来てくれたのだった。これを聞いた平児と巧姐児は慌てました。郡王が買いたいのは召使だった。だが庶民ではなく、賈家の令嬢だと発覚し偽った説明をした王仁等を怒鳴りつけた。王仁等は驚いてこそこそ逃げ出した。その間に賈環は、王氏に呼び出され「直ぐ郡王の所へ行き、釣書を取り替えて来い」と使用人に命じた。

119郷魁(きょうかい)に中(あた)りて宝玉 塵縁を却け 皇恩に沐して賈家 世沢を延ぶ
劉婆さんがやって来た。事情を聞かされた劉婆。平児「若旦那様が戻る迄匿って貰えますか?」「私供の家でお預かりしましょう。うちが食うや食わずの生活をしていた頃奥様や熙鳳様のお助けが無ければ一家諸共餓死していた筈です。お安い御用です。日にちを決めたら婿に車を用意させてお連れします」平児「今直ぐお願いします」「お嬢様、狭苦しい家ですが、行きましょう」平児と王氏は跪きお礼を述べた。王氏は邢氏の所に世間話に行き、部屋に留めた。平児は門番を買収し、車を雇わせた。巧姐・劉婆は栄国邸を抜け出した。

試験の期間が終わり、賈蘭だけが帰って来た。「旅の間ずっと一緒で、試験の提出が先に終わった宝叔父さんに待って貰って一緒に出て来たのに、人混みに逸れてしまいました」王氏は泣いて一言も話せない。今年の及第者の名簿に、賈姓の者が二名いる事に気が付いた今生帝は、元春妃の身内か確認し、大赦を宣言し、賈赦や賈珍らを免罪し、寧国公の世襲職も返す事にした。

使用人「めでたい事です。宝玉様は第七位で及第。賈蘭様は第百三十位での及第だそうです」その話に王氏は少し救われた。宝玉さえ戻ってくれば、姉妹達も帰って来ているのにと。湘雲「宝玉兄様がいなくなる筈がない」「仏門に入ったのでしょう。そうすれば探せる筈がない」「親を捨てるなんて不孝者だわ」惜春「宝玉の玉は皆がおめでたいと言ってたけど」宝釵「ええ、あれは肌身離さず持っています」探春「宝玉は産まなかったと思って諦めた方が良い」襲人は皆の話を聞いていて倒れた。

薛家の奥様「及第を機に賈赦の犯罪について報告せよと天子様が命じたそうよ。息子も赦されるかも。もし宝玉が戻らなかったら?」宝釵「私は嫁の務めを果たす迄です。只この部屋の侍女達は暇を出さざると得ません」薛夫人「襲人はまだ正式な側室ではない。だが暇を出すと言えば死ぬと言い出しかねない。旦那様は置いておけないと仰るだろう」宝釵「襲人は一心に尽くす子だから良い縁談があればそれに応じる方が良い」薛夫人は襲人の身内を呼んで嫁に行かせよう、と言った。

120甄士隠 太虚の情を詳説し 賈雨村 紅楼の夢を帰結す
宝玉の失踪に、情の深い襲人は悲しみ倒れた。(まだ正式に側妾になっていない私は後家を通せずに嫁にやられてしまうのだろう)夢で現れた坊主頭の宝玉は、法師と共に消え去ったと言う事はもう宝玉様とは縁が切れたのだろう。襲人は(宝玉様との縁がないというのなら、いっそ死んでしまおう)と決心していた。花自芳(襲人の兄嫁)「蒋家から縁談が来ているので襲人を其処やりたい。屋敷と土地、店も持っています。少し年上ですが、初婚で稀に見る男前です。格上の侍女なので大切にすると言っています」薛夫人から話を聞いた襲人は(ここで死んでは薛夫人に迷惑が掛かる)と思い、兄に連れられて家に着いたら死のうと決心。家に戻ると今度は結納の品や王夫人からの贈り物を見せて一生懸命慰める兄を見た襲人、(ここで死んでは兄に迷惑をかけてしまう)と思い結局蒋家へと輿入れした。

今度こそ死のうと思った襲人は輿入れの衣装に裁ち鋏を胸に持っていたが、蒋家の者が皆「若奥様」と言って下にも置かぬ扱いをしてくれるのを見て、(ここで死んでは蒋家の人たちに申し訳ない)と思い中々決行出来ない。と、夫が襲人の嫁入り道具の中からなにやら見つけ出した。それは宝玉が昔酒の席で蒋玉函と交換した緋色の帯。夫は奥に戻ると、海老茶色の帯を持って来た。夫は、蒋玉函その人だった。運命を知った襲人、自分の心内を打ち明けると死ぬことを諦め蒋玉函と供に生きる事にした。

史太君の棺を船で運ぶ途中の賈政の元に王夫人からの手紙。大赦の話、世襲職への復帰や宝玉、賈蘭の及第を知った賈政は喜ぶも、宝玉の失踪を知った。衝撃を受けている時、突風で戸が開き、外でこちらに向かって頭を下げている僧が見えた。賈政が良く見ると、身分の高そうな衣をまとい、頭を丸めた宝玉でした。賈政が声をかけようとすると宝玉の左右に道士と僧が現れ「何をしている現世での務めは終わったのだ」と連れ去った。3人の歩みはゆったりとしていたが、追いつけなかった。3人が口ずさむ知らない歌だけが聞こえる。”私が居るのは青挭(セイコウ)の峰、私が巡るのは天地を分かたぬ空、誰が私と巡るのか、私は誰に従うのか、果てなき所を進み、あの大荒山に帰る”
☆※☆~☆※☆~☆「紅楼夢」☆~☆※☆~☆※☆
襲人の縁談には泣かされました。宝玉に長い間仕えて、側室になるのが、最大の夢だった彼女は宝玉の出家に依って、後家になる事も叶わず、周りの恩を感じて兄が持って来た縁談に心ならずも従った処、夫は宝玉に瓜二つの顔を持つ、宝玉との経緯が有る人だった。これが泣かずにいられようか?本当に良かったと感動しました。

又人に良くして来た人はそれなりの人生を歩むが、自我ばかりを通して周りを傷つけて来た人間は悲しい老後を辿る。毎回最後に流れる曲がそれを表していました。
官となりたるは家財消え 富貴なるは金銀を散じ尽くしぬ 恩を返しは危うく命を拾い 情け知らざるは 必ずや報いを受けぬ 命を借りしは返し終え 涙を借りしは流し尽くせり 恨みの報い合いは軽からず 出会うも別るるも 前世の定め *短命の理由を知りたくば 前世に問え 老いて富貴なるは 真の僥倖 悟りしは仏門に逃げ入り 迷えるは徒に命を落としぬ *(リピート)短命の理由を知りたくば 前世に問え 老いて富貴なるは まことの僥倖正に餌尽きて 鳥の林に帰り 只真白く広がる 大地の如し 何一つ無し-完-
☆※☆~☆※☆~☆「紅楼夢」☆~☆※☆~☆※☆
スポンサーサイト



 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png JY
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
もくじ  3kaku_s_L.png 日本の作品
もくじ  3kaku_s_L.png 「源氏物語」
総もくじ 3kaku_s_L.png JY
もくじ  3kaku_s_L.png インド映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国映画
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国俳優
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国芸能界
もくじ  3kaku_s_L.png 日々思うこと
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
もくじ  3kaku_s_L.png 日本との違い
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png 俳優
もくじ  3kaku_s_L.png Dance
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
もくじ  3kaku_s_L.png 中国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
         
パク・ユチョン、韓国活動を再開!6/4ソウルで誕生日ファンミーティングを開催 ←パク・ユチョン、韓国活動を再開!6/4ソウルで誕生日ファンミーティングを開催    →○51「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」 ○51「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パク・ユチョン、韓国活動を再開!6/4ソウルで誕生日ファンミーティングを開催】へ
  • 【○51「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」】へ