FC2ブログ

「中国ドラマ」
「紅楼夢」

㊽「紅楼夢」第48話。

 ←⑪「琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~」 →㊿「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」
33話
CAST
賈宝玉(かほうぎょく):ユー・シャオトン(少年時代)/ヤン・ヤン
林黛玉(りんたいぎょく):ジャン・モンジェ
薛宝釵(せつほうさ):リー・チン(少女時代)/バイ・ビン
王熙鳳(おうきほう):ヤオ・ディー
史太君〔したいくん〕:チョウ・ツァイチン
王氏〔おうし〕:グィ・ヤーレイ
賈政〔かせい〕:シュー・ホァイシャン
*ネタバレです。これからご覧になる方はスルー願います。




寧国邸では、男成人と使用人迄捕らわれ、残ったのは尤氏・胡氏・佩鳳・偕鸞だけだ。栄国邸で引き取った史太君でしたが今では余裕がない。賈璉は、仕方なく荘園を売ったが、性質の悪い使用人に随分横領されていた。史太君の悲しみは深く、悲しみにくれていると、王氏が宝玉と宝釵を連れてやって来た。史太君は朝から不調だった。鴛鴦は心配するが、史太君は只の食あたりと宥めた。だが数日過ぎると思った以上に悪く、医者を呼んでもはっきりしない。気分が良い時、宝玉を呼んで、自分の祖父から貰った玉飾りを贈った。妙玉が櫳翠庵を出て見舞いに来た。迎春の所のばあやがやって来た。「迎春お嬢様の具合が良くないんです」史太君にも聞こえた。史太君は、自分を診ている医者に迎春を診て貰うように頼んだが、直ぐ又使いが来て「迎春お嬢様が亡くなられました」と訃報が届いた。史太君は湘雲が見舞いに来ないのが、不満だと漏らした。「湘雲お嬢様は、夫が死病に冒され余命幾ばくもなく離れられません」と言いに使者が帰って来た。迎春は、栄国邸が史太君の危篤で忙しく、ろくに葬式もあげて貰えずに孫家によって葬られた。史太君の容態は既に一刻を争っていた。賈政は賈璉等にもしもの時の準備を始めさせた。

110史太君 寿終りて地府に帰り 王煕鳳 力屈して人心を失う
史太君は、宝玉や賈蘭、煕鳳を枕元に呼び寄せ、慎み頑張るようにと言い諭し、八十三年の幕を下ろした。史太君の葬儀の準備を始め、奥向きの取り締まりは煕鳳に頼んだ。鴛鴦「どうか此れ迄の恩を忘れず、盛大な葬儀を行って下さい」「お金もあるから心配要らない」倹約を始めた賈政に習い、義母邢夫人が財布を握っていた。使用人達から吝嗇だと影口叩かれる人なのだ。賈璉、煕鳳は息子夫婦で逆らえないし、人数が減っている使用人達は、手間賃でも貰えなければ動きたくないと言っているのに、必要経費まで出して貰えない。煕鳳は、皆を一生懸命に宥め働いて貰った。

鴛鴦は(これでは史太君様に顔合わせが出来ない。煕鳳様も史太君様が死んでしまっては手を抜いてしまうのかしら)と一人愚痴った。王氏「煕鳳、先日もお客様への接客に粗相があったじゃないの。しっかりやって」邢夫人「皆、貴女が手を抜いていると言ってるが、本当みたいだね」もう、此処が凄く腹立ちました。煕鳳は決して好きな女性のタイプでは無いですが、病に侵されふらふらしながら懸命に采配を振るっても、吝嗇な義母のせいで使用人に手間賃も払えないし、充分な準備も出来ないのに、病を理由に休んでいると揶揄されたりする場面が有り、自分達は只座っているだけで、文句を言うので、本当に嫌でした。流石に耐えられない煕鳳が反論しようとするが、追い払われた。ばあやたちの不満も押さえきれない程になって、平児が纏めていた。李紈は気が付いて、自分の所の女中達を集めて、煕鳳が困っていたら見下さず手伝ってやるように言い含めた。

湘雲が、葬儀に忙しい中やって来た。死の淵にいる夫を思いだして湘雲が泣いていると、外でも宝玉が黛玉を思いだして泣いていた。周りの者達は、特に可愛がられていた二人だから悲しみも深いのだろうと解釈し、つられて泣き出した。

忙しく立ち働く煕鳳は、息が切れて少し腰を下ろした。小女中「邢夫人が、奥に沢山客が来ているのに、煕鳳は何もしないでどっかで楽してるんだろうって言ってたのは本当だったのね」煕鳳は、余りの暴言に顔を強張らせ涙を流した。目の前が真っ暗になった煕鳳は、倒れ込み平児に助けられると、真っ赤な血を吐いた。

111鴛鴦の女 主に殉じて太虚に登り 狗彘の奴 天を欺きて群盗を招く
倒れた煕鳳は、平児に支えられ自分の部屋へ戻った。小女中「煕鳳様が倒れられました」王氏・邢夫人「仮病で逃げているのではあるまいね」鴛鴦(あれだけ可愛がって頂いたのに生きながらえている。賈赦様が帰って来たら邢夫人と二人に計られ無事に済むとは思えない)部屋奥の暗がりに人影を見つけた。何と賈蓉の妻、秦可卿で今にも首を吊ろうとしている。だが、可卿の姿は見えなくなった。(きっと私に死に方を示しに来て下さったのだわ)そう思った鴛鴦は、腰帯を外し可卿のいた所に立つと、梁に掛けて首を通すと踏み台を蹴った。鴛鴦は、可卿と供に俗世の女達を導く道へ赴いた。

琥珀は、鴛鴦を捜し回って、鴛鴦の無惨な姿を見つけ絶叫した。賈政「何と立派な子だろう。母上に殉じるとは」と誉め称え、賈璉に命じて史太君に連ねて葬るように命じた。宝玉(彼女は何と素晴らしい死に方をしたのだろう。僕は孫なのに、彼女に遠く及ばない)と思った。宝釵(本来なら私達が修めるべき孝道だ。天晴な心意気に感謝し、私は生きて親孝行を尽くそう)

史太君、鴛鴦の柩を寺まで送るのに、賈政は奥に煕鳳と惜春、表に賈芸と林之孝を留守番として命じた。賈政が鉄檻寺に向かった後の栄国邸では、使用人達が外の見回りを行い、奥では煕鳳に代わって平児と惜春が見回った。大観園の門番となった包勇は、尼と道婆が門を通ろうとすると止めた。気を悪くした妙玉は帰ろうとしたが、他のばあやたちに頼み込まれて惜春を見舞った。惜春は碁を打って寂しさを忘れさせてくれと依頼、妙玉は応じた。

宝玉が部屋に戻ると、宝釵は既に横になっていたが、振りをしているだけと分かっていた。宝玉は横になり、一晩まんじりともしなかった。宝玉が麝月と供に帰ってしまった後、思い返してみた紫鵑が(そういえば宝玉さまの結婚は、玉を失した病中に周りにだまされてのことだったわ。今の宝玉さまの態度からも本心と思われる。それにしてもどうして黛玉さまにはあの方と添い遂げる運命がなかったのかしら)と悲しくなっていると、突如叫び声が聞こえて来た。
☆※☆~☆※☆~☆「紅楼夢」☆~☆※☆~☆※☆
史太君と言う重石の取れた屋敷周りでは奇怪な不幸が続いたのですね。尤氏と王氏には良くない老後が待っているだろうと言う気がします。
スポンサーサイト






 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 日本
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png インド映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン
総もくじ 3kaku_s_L.png 日本
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png インド映画
もくじ  3kaku_s_L.png 中国映画
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国俳優
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国芸能界
もくじ  3kaku_s_L.png 日々思うこと
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png 俳優
もくじ  3kaku_s_L.png Dance
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
         
⑪「琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~」 ←⑪「琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~」    →㊿「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」 ㊿「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【⑪「琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~」】へ
  • 【㊿「琅琊榜(ろうやぼう)-麒麟の才子、風雲起こす-」】へ