FC2ブログ

「韓国ドラマ」
「ナイン」

⑤「ナイン」

 ←⑧「チンチャ サナイ~男の中の男」  →⑨「花よりおじいさん」番外編。H4{TAXI]に乗る。
ネタばれです。これからご覧になる方はスルーして下さい。



第4話
1992年12月23日ミョンセ病院。チェ副院長が電話で話している。「書類は出来ている。後は院長のサインだけだ。後3日以内に説得する。オ社長」そして病気を出る時に20年後から来たソヌと打つかる。誤ってから、チェ副院長が車で去るのを見送り、看護師に院長の所在を訪ねたが、帰宅したとの返事にタクシーを止め「城北洞へ」と言って乗った。車外を見ていたソヌは兄が一杯飲み屋にいるのを見つけ、降りた。近くの席に座り、兄が苦しそうに酔いながら盃を重ねる様を見守ろうとするが、崩折れて床に転がったので、タクシーを拾い一緒に乗った。

兄のポケットには「愛するユジンさんへ。、これが最後の手紙になると思う」と言う手紙が入っていた。城北洞に着き降ろそうとしたら、丁度帰って来た父が声を掛けた。「チョンウ、こいつ」「今晩は、彼の先輩です(言い様がないのでね)酔っていたので」「泣きながら女の名前でも呼んでたかね?情けない奴め」父がこんな風に兄を扱っていたとは?と困惑しながらソヌは言葉を挟めないでいた。「ソ君、この子を中へ」運転手に声を掛けると一人でさっさと家に入ってしまった。

時間が来てソヌは20年後にタイムワープした。運転手はタクシーの所に来てタクシー運転手に「小父さん、手伝って貰えますか?」と声を掛けた。「二人もいれば充分でしょう?」と後ろの座席を振り向きソヌがいない事に気づいたタクシーの運転手は首を傾げた。

1992年12月24日、ミニョンは起きるなり携帯の画像を次々に見て微笑む。ソヌとのツーショット達。ソヌからの着信。「起きたか?俺は出勤途中だ」「午後出勤じゃないの?「お前は後の便で帰ると会社に言っといた」「午後に出勤しろと?」「新婚旅行の日程がキツかったから」「気配りしてくれるなんて」「今日だけだ」「今日はクリスマス・イヴだよね」「一緒に夕飯を」「彼氏なんだから優しいトーンで」「どんな風に?」「愛してるよ。朝からお前のことばかり考えてる どうしようプインプイン(可愛いい仕草で両手を拳にして両頬で動かす仕草)」「いっそ別れよう」「愛してるわ、チャギヤ(恋人への呼びかけ言葉)朝から貴方のことばかり考えてる どうしようプインプイン」「貰うのは嬉しいな その調子で送れ」「自分勝手ね」「それが俺の魅力だ」

二人共と~~っても幸せそうな表情でメールを読み、送っている。この頃が最高に幸せな頃でしょうね。凄く好感の持てる二人です。電話のメールを送り終わったミニョンは溜息と共に思い出していた。ソヌ「どっちの方が長生きか?自信が湧いて来た。間抜けだな。お前は俺のものだ。一生離さないぞ」

電話のメールを読み終わったソヌは局に着いた。電話が掛かって来た。ヨンフン「帰国したか?」「昨日の夜」「今日入院しろ。無視したら局長にバラすぞ。お前は時限爆弾を抱えてると、首が嫌なら言う事を聞け。本気だぞ。逆らうなら縁を切る」言い終わったら直ぐ、切った。

1992年12月24日トクサン自習室。ヨンフン「ソヌは来てます?」管理人の小母さん「来てないよ」「来ると言ってたのに」「クリスマス・イヴなのにあんたは今日も勉強?」「来週塾の試験が」「真面目だね。お母さんは幸せ者だよ。行きなさい」自習室に入ったヨンフンはソヌよりと書かれた封筒を手に取った。「何だよ。鳥肌が立つ」と言いながら中身を読む。「クリスマス・イヴにも自習室と病院にいる友よ2012年12月24日朝10時に俺から頼りが届いたら、この意味が分かる。20年後に会おう。メリークリスマス ソヌより」「何なんだ これ」と面食らうヨンフン。「退屈だったのか?訳が分からない」と再び封筒を見ると2012-11-07の日付が。

医師の服を着た2012年のヨンフン「もしもし。ああ、へジュンか?パパは病院だ。仕事中だよ。予約したかって?何の予約?予約したよ。勿論。ママが?安心しろと伝えなさい6時迄に帰るからね。パパも愛してるよ。クソ」と言ったのは記憶力のすこぶる良いヨンフンもソヌの心配事で、イブに家族の為レストランを予約するのをすっかり忘れていたらしい。「うっかりしてた。今日はどの店も満席だよな」とPCで検索して店を探そうとするとPCメールの着信音が。

「メールしてないで入院しろ、こいつめ」「メリークリスマス20年振りにカードを送る。ファイルの確認を」添付ファイル「2012年12月22日ヨンフンへ最初のメッセージ、最近経験した事は幻覚の様で不安だ。病状が最悪になったら これを聞いて理解してくれ。今迄起きた事とこれからする事を、どうか真剣に聞いてくれ。俺も聞き流したせいで兄を失った。ヨンフン、兄はタイムマシンを探してたと思う。日記は意味不明だが確かな事が有る。何時誰からかは分からないが、兄は20年前に戻れるお香を貰って、或る秘密を知ったんだ。1992年12月30日に亡くなった父、1992年2012年・・・」煙草を吸いながら立ち上がっていたヨンフンは思わず座って画面を食い入る様に見た。デジャヴ、既視感が見えたのだ。上の段の赤印の部分です。12月24日朝10時に俺から頼りが届いたら、この意味が分かる。20年後に会おう。メリークリスマス ソヌより

部屋を飛び出したヨンフンはサインを求めるインターンを振り切り、頭をガシガシ両手で揉みながらナースステーションの受付前も気にせず「ウオーウオー」と大声で叫びながら走り抜けた。TVの中ではチェ会長が「深刻な資金難にも苦しんだんです。しかし研究費節減の為、皆が犠牲になってくれて、今日の結果を得られました」と言っている。その会見を見ているソヌに「次長、お客様ですけど」と部下が呼びに来た。「お客?」「ええ、でもちょっと変なんです」ふらふらになりながらヨンフンが白衣姿で現れると「本当にお友達ですか?」と聞く部下に、ソヌはにやりと笑いながらも「そうだよ」と。部下は「てっきり・・」と言葉を濁し、去った。

「思ったより早かったな、かけろ」「クリスマスカード、20年前の自習室」「暗記の天才だから、思い出すと分かっていた」「お前が書いたのか?」「このペンで1時間前に。朝、買ったカードを20年前の机の上に置いて、戻ってからメールした。続けて送った2通のカードが20年の時間差で届いた。知らせるべきか、悩んだけど、ほっとくと監禁されそうだからな。不思議だろう?兄はお香を何処で?「本当にお香がタイムマシンだと?」ソヌは胸の中ポケットからお香の入ったケースを取り出し、お香を見せ「2本使ったから、残りは7本だ」とヨンフンに手渡した。

手に取って眺めるヨンフンは魂の抜けた人間みたいになって、病院に戻って来た。「CT検査の結果を確かめて」とインターンがナースステーションで指示する声が聴こえる。「先生、携帯に連絡してたんですよ科長の所に早く行って下さい。それからこれにサインを」と言われるのに無言でドアを開けインターンは訝しげに「何だろう」と言っている。

ヨンフン「何て事だ」さっきのことを思い出している。お香を眺めているヨンフンに「兄の物だから先に兄の望みを果たす」「何言ってる。先ず自分を救え。戻ってカードを残したみたいに自分に伝言を、30歳になったら毎年脳の検査をしろと。簡単に解決出来る」「簡単だ。でも検査を受けさせるには、俺の正体を明かさないと、教えるべきかな?人生を駄目にしそうだ。脳腫瘍になると知ったら、きっと他のことも気になる。大学や職業のこと・結婚相手は誰か、子供はいるか、成功するか、幸せか、まともに人生を送れなくなる。自然に病院へ行かせる方法を考えてる所だ。明日死ぬわけじゃ無いしな」「明日、死ぬ可能性もある」「それは交通事故に遭う確率と同じだ。でも兄の願いは機会を逃したら、永遠に叶えられない」「願いって?」「父を助ける事」

20年前のソヌが「アッパ(お父さん)」と呼びながら煙の充満する病院へ入って行くなり、ドア毎熱風に吹き飛ばされた。記憶の中の出来事。「1992年12月30日に亡くなったから6日後だ。内部を思い出せなかったから、父の病院に行ってみた。チェ・ジンチョルがいたよ。無名だった頃の奴が。今は全国規模の大物だけど、小物の頃なら容易く捕まえられると、そう思った。だから父を助け、証拠も掴む方法を探している。一石二鳥のな。兄さんにはもう1つ願いが有った。父を助けるには、お香一本で十分なのに、何故兄は残りのお香を探しに?その理由が昨日分かった。もう1つ変える為だ」

「何を?当時兄には彼女がいた」「彼女?」「見つけました。キム・ユジン1962年生まれです。鐘路でレコード店を経営、ユン・シアと言う娘が一人」とソヌに教えているのはさっきの部下。「娘が?」「若い頃に結婚を。夫のユン・ジョンウンはギタリスト、ユジンはボーカル、バンド仲間でした。夫が1984年にバイク事故で死亡し夫の店を継いでます」4歳年上で元ボーカリストの子持ちか。兄は父に反対されて別れた彼女とやり直したかったんだ」「ユン・シアと言う娘が1人」

ソヌはレコード店に入って行った。「君がシアか?、ユン・シア?」「ネ(はい)」「何故泣いてる?」「母さんが死んでる」「今何処に?」シアが泣きながら奥を指すので、ソヌは慌てて部屋に入る。ユジンは横たわっていた。「大丈夫ですか?」顔を上向きにすると白い液体が口から流れ出る。シアも入って来た。「母さん 死んだみたい、どうしよう?」「何時倒れた?」「分からない。さっき友達の家から帰ったら、母さんが死んでた」「いや、死んでない、大丈夫だ。電話を持って来い」泣きながらシアは電話を取りに行く。

ユジンの上体を起こしながら散乱した焼酎瓶の横に「愛するユジンさん、これは貴女に送る」で始まる、あの手紙が開かれていた。病院「胃を洗浄したので、問題無いでしょう。ストレスを受けた原因から解決すべきですね」「はい」「後で書類にサインを」

「1993年1月アメリカに移民、LAのスーパーで2年間働いてから、フィラデルフィアのクリーニング店に勤務、97年以降は不明です。それ迄苦労したのは確かですね」母親のベッド脇に座るシアを手招きして呼ぶソヌ「シア、お母さんがヤケになった理由は?」シアは首を横に振る。「彼氏に会えなくなったからだ。電話してお母さんが病院にいると伝えろ」と兄パク・チョンウの電話番号を書いた紙を渡した。「俺は時間が無いからお前に任せる。必ず電話するんだぞ」看護師がシアに「お母さんが呼んでるわよ」そう言われて病室に行こうとしたシアは何を思ってか、後ろを振り返るとタイムリミットの来たソヌは既にワープしていなかった。

2012年に戻って来たソヌはヨンフンに電話「兄の電話番号を残して来た」「彼女と会って来たら?」「別れたのを後悔してたから、父が怖くてもよりを戻すんじゃ?」「上手く行ったなら、何か変わるんじゃ?でも何も変わって無い」「あの子が兄に電話したら変わるさ。それでも駄目なら縁がないんだ。俺はこれからデートだ」店の外を見るソヌの目にはミニョンが来る所が。「お香を残しとけ。女房を取り替えたい」

「じっとしてて」「何?」「動かないで、前を見て」窓の外を見ると他の後輩たちが車の中から二人を見ている。「付き合ってくれと私から頼み込んだと思われてるの」「確かに頼み込まれて付き合ってる」「クリスマスプレゼントして」「何を?」「大きなハートマークを。鼻で笑ってる。早く」必死に頼み込むミニョンが哀れになり頭上に両手でハートマークを上げたソヌに後輩から電話が「見損ないました。だらしないな。美人なら兎も角、ミニョンに落とされるなんて、有り得ない。ハートなんて恥ずかしすぎる」二人に交互に言われて「ウルサイ」と答えた。ニコニコ顔のミニョン。

母の入院する病院の看護師から電話が来て「この何日か忙しくて忘れてました」「病院に行く予定だったの?」「すっかり忘れていた」「今からでも行けば?」「遅いよ、もうすぐ消灯時間だ」と言いながら思い出したのは1992年のクリスマス・イヴに家族が都合が付かず、母と二人でレストランで夕食を取る約束だったのに、初恋の彼女からお誘いの電話が掛かって、嘘を付き、デート場所の映画館で、何と映画を見に来た母親と、前後の席に座ってて、後ろを振り向き、母親と目が会って、罰の悪い思いをした事を。

此処で「駄目だなあ、ヒョンシク君、お母さんに嘘まで付いて・・・と思った私は、の「チンチャ サナイ~男の中の男」ヒョンシク君と高校生のソヌをごっちゃまぜにしているのでした。

だから折角のデートでミニョンと過ごす時間だったが、母の所に急いだソヌ。そこは20年前の映画館。母にわざとぶつかり、顔を見られてもバレない様にメガネを振り落とし、踏みつけた。申し訳ないと、眼鏡屋に母を誘い、修理する間、話をし、バッグに次男坊よりと書いたカードとハートマークのネックレスを忍ばせたのだった。家に着いて、そのプレゼントを開けた母親は束の間の母としての幸せに酔いしれたのだった。

きっかり30分後に現在に戻ったソヌにミニョンは母のお陰で名前が二度も変わったと話し始めた。「占い師に縁起が悪いと言われて名前を変えたのよ。最初の名前はシアだった。それから母が再婚してユンからチュに」つまり最初がユン・シア、次がチュ・ミニョン、そして母親がソヌの兄と結婚したので、パク・ミニョンに。凍りつくソヌはゆっくりミニョンの顔を見つめた。では、自分が現在愛しているのは、血の繋がりの無い姪なのか?・・・・・
☆※☆~☆※☆~☆「ナイン」☆~☆※☆~☆※☆
まだ第4話なので、全体的な見通しが立たないので、詳しくあらすじを残していますが、たった45分程のあらすじでもこういう展開の何処も見逃せないドラマが好きで、ちょっとやり方を変えないと時間がいくら有っても足りません。この時間旅行は何処に私達を連れて行ってくれるのでしょうか?
スポンサーサイト






 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 日本
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png インド映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン
総もくじ 3kaku_s_L.png 日本
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png インド映画
もくじ  3kaku_s_L.png 中国映画
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国俳優
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国芸能界
もくじ  3kaku_s_L.png 日々思うこと
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png 俳優
もくじ  3kaku_s_L.png Dance
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 台湾ドラマ
         
⑧「チンチャ サナイ~男の中の男」  ←⑧「チンチャ サナイ~男の中の男」     →⑨「花よりおじいさん」番外編。H4{TAXI]に乗る。 ⑨「花よりおじいさん」番外編。H4{TAXI]に乗る。

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【⑧「チンチャ サナイ~男の中の男」 】へ
  • 【⑨「花よりおじいさん」番外編。H4{TAXI]に乗る。】へ