FC2ブログ

「韓国ドラマ」
「ナイン」

③「ナイン」

 ←②「九家の書」 →③「サメ~愛の黙示録~」
ネタばれです。これからご覧になる方はスルーして下さい。




第2話
時間は少し戻ってミニョンに関心を示すカン・ソジュンと同僚が病院でチェ会長のインタビュー画面を眺めていると通り掛かったソヌの友人ハン・ヨンフン専門医はその後の成り行きを既に知っているので、いきなりTVを消し、非難されるが、何故チェ会長を尊敬しているか?ソジュンが言ったのに何故と不可解な二人。

アンナプルナ山とソウルを結ぶ生中継中に起きたハプニングにミニョンはヨンフンに電話を掛ける。ヨンフンはソヌが手術を受けようとしない事、復讐に逸る心を止められない、この儘では死んでしまうから何とか説得をと頼む。ソヌは母親を見舞うが、冷たく手を振り払われ帰宅の途に着く。車中で後輩から爆弾放送後のメールや電話が殺到している事、勿論今までのソヌのキャスターとしての力を知っている視聴者からの支持も多かったが、チェ会長を擁護する意見も多かった。しかし後輩たちはソヌ支持だ。家に着くと後ろから局長が車で乗り付け、ソヌにお前の資料を検討する時間が無い、チェ会長が明日帰国するので、態勢を整えて明日から対応策を放送する予定だ。「信じて下さい」「お前は死ぬから良いけど、俺らは皆首が掛かってるんだ、お前のせいで死にそうだよ」と言いながらもソヌを信じて事件を暴く予定の局長にソヌは笑みを漏らす。

2本目のお香に火を付けたソヌ、いきなり1992年の自分の部屋にワープした。ポケベルの表示を見ると母親が兄を呼ぶ声が聴こえる。階段に出たソヌに気づいた母親は20年後のソヌだとは分からず大声を上げる。その声を聞いた兄が出て来てバットを振り水槽を叩き割る。ガラスの破片がソヌの首に突き刺さって、父親までもが出てくる。驚くソヌ。まだ父親が死んでいない。いきなり又20年後にワープした。お香が燃えている間だけ20年前の時間に戻ったり、20年後に帰ったりしている事にまだ気づかないソヌ。

チェ会長から明日ソウルに戻ったら会いたいと電話が掛かる。二人が会えば大問題になるから会えないと断るとじゃ記者じゃ無いお前の兄チョンウに会うと言うチェ会長に「兄は死にました。母は病んでます。貴方のせいだ」と冷たく言い放った。会長は秘書にチョンウがどうして死んだか?死因を探る様に言う。電話を切ったソヌは首に刺さったガラスの破片に気づく。病院で手入れを受けているとヨンフンが通りかかり、担当レジデントのピンセットを奪い自分で治療を施す。友達が心配で心配で死にそうなので、直ぐ入院しろと言う。胚芽腫が悪化して頭が痛むソヌを見ていられないのだ。

TV局に戻ったソヌは報道番組の準備を始め、ふっと見た局の画面にミニョンがスタンバってアンナプルナ山からの放送を撮影している場面が写った。ソヌとミニョンが画面越しに会える状況に沢山のクルー達が気を聞かせて「ミニョン、ソヌがここにいるぞ、何か言いたい事は?」と振ると「これからする事はソヌ先輩に向けての事ですから、誤解しないで下さい」と言い、右手の中指を突き出す「Fuck You」のジェスチャーをしながら泣き顔だ。

衛星電話を借りてミニョンに掛けるソヌ。「私をナメてるの?3ヶ月?冗談言わないで、かにさっさと逝っちゃって」泣きながら言うミニョンに「余命を宣告されて思った事は母親の面倒を誰が見るのか?だから兄を探し始めた。2番め、全然女らしくないお前をこの5年間で本当に愛していた事に気づいたが、手遅れだった、本当の事を話したら、幾ら脳天気なお前でも暗くなる、自分でも挫けそうなのに、お前まで暗くなったら耐えられないから、真実を言えなかった、お前の笑顔が救いだ」此処まで言うと一転して「こんな事を言う男を信じるな。詐欺師だからな。お前にプロポーズを断られて良かったよ、じゃ気をつけろよ」と言ってソヌは電話を切った。此処まで言われて分からない女はダボだ。

お手伝いさんからソヌに電話が掛かる。「ポケベルが何回も掛かるんだけど?今頃ポケベルって?」と言われて最初は「自分ののじゃ無いから只置いておいて」と言った矢先に又ポケベルが鳴る。同じ番号からだと言う彼女に番号を読んで貰い書き取るソヌ。02-983-3371、横に有る別電話で鳴らしたら使われておりませんの案内が。「見間違いじゃ無い?それか欠番」「そんな事無いわ、今も同じ番号からで鳴ってる」「バイク便で直ぐそのポケベルを送って」と依頼するソヌ。後輩の所に行き、届いたポケベルを何年のモデルか?調べさせる。モトローラ(久し振りに聞く会社名)云々。名義人も調べさす。

自分の休憩室に戻ったソヌは、又お香に火を付ける。休憩室を覗いた後輩は、ソヌのいない部屋にお香だけが灯っているのを見る。ソヌは同じ休憩室にいるが、何かが変わっているのを感じる。あっと言う間に又20年前にワープしていた。机の上には1992年12月21日の日付の新聞、盧武鉉大統領(当時)の記事が載っている事に気づく。後輩たちは後7分で番組が始まるのにと探しまくる。局長も大慌てだ。ソヌの病気を知らされている局長は近くにいた別のキャスターに代わりをさせようと。

近くに有ったポケベルが鳴り、ソヌは番号を鳴らしてみる。「ヨボセヨ、貴方の名前は?声に聞き覚えが有るけど」「パク・ソヌです、小父さんは誰?何故僕のポケベルを?」「ミョンジン高校2年5組パク・ソヌ?」「何故それを?どうして知っているのですか?」「俺がお前だから」と言いながら唇を触る癖を出す29歳のソヌ、「何て言いました?」電話口の17歳のソヌも同じ癖を見せる。バッテイングした二人のソヌ。ぞくぞくの展開です。
☆※☆~☆※☆~☆「ナイン」☆~☆※☆~☆※☆

タイムスリップで、20年前に戻ったり、現在に帰ったり。何処まで着いて行けるやら。
スポンサーサイト






 関連カテゴリ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 日本
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png インド映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン
総もくじ 3kaku_s_L.png 日本
総もくじ 3kaku_s_L.png 映画
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国映画
総もくじ 3kaku_s_L.png インド映画
もくじ  3kaku_s_L.png 中国映画
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国俳優
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 韓国ドキュメンタリー
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国芸能界
もくじ  3kaku_s_L.png 日々思うこと
総もくじ 3kaku_s_L.png お国柄
総もくじ 3kaku_s_L.png 音楽
もくじ  3kaku_s_L.png 俳優
もくじ  3kaku_s_L.png Dance
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png 中国ドキュメンタリー
総もくじ 3kaku_s_L.png アメリカドラマ
総もくじ 3kaku_s_L.png ユチョン
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 台湾ドラマ
         
②「九家の書」 ←②「九家の書」    →③「サメ~愛の黙示録~」 ③「サメ~愛の黙示録~」

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【②「九家の書」】へ
  • 【③「サメ~愛の黙示録~」】へ